(自由)民主党

 自由民主党から「自由」を奪うと民主党になる・・・と言うのは古典的なジョークである。
小泉進次郎氏が最近このネタを使ったらしいが、自民党と民主党の違いは実にこの点に凝縮されている。
 
 自由民主党では、基本的に新人議員も発言は自由であった。むしろ党の部会や勉強会、議員連盟の活動でも自由に発言して良いとされ、私が知る限り一度だけ、新人議員が何か質問したら先輩議員が「そんなことはもっと自分で勉強しなさい」と横から口をはさんだのを見たくらいだ。
 
 むしろ名前を挙げて恐縮だが、河野太郎先生や山本一太先生を始めとして党や派閥の重鎮にも公然と反対意見を述べる人たちもいたし代議士会で当時の安倍総理に辞任を求める声も上がった。
 
 自由民主党は国民からすると派閥の親分が牛耳っているようなイメージがあるかもしれないが、国会の中にいた私が言うのだから間違いなく自由で民主的な政党だった。
 
 一方の民主党だがここ数日の各種発言や検察、マスコミ批判は異常ではないか?
だいたい新人議員だけで集まるような会が「禁止?」されているような政党で自由闊達な議論が出来るのか?
 
 「検察と戦ってください」とか、捜査を批判する勉強会とか・・・
政権交替する前には当時の政府与党による「国策捜査」と批難していたが、政権が代わって「国策捜査」を止めさせることが出来るのか?
 
 疑わしいことがあれば取り調べるのは当たり前であり、本件は額も巨額であまりにも疑わしいことが多すぎる。
国民の皆さんが(この問題を)理解してくれたから政権交代が出来た」と言うのはあまりにもむちゃくちゃな強弁ではないか?
(会場で拍手が起きたがサクラとしか思えないけど・・・あとはつられて拍手したとか・・・)
与野党を問わず、膿を出し切って欲しい。
 
 
 
カテゴリー: 未分類 パーマリンク