上越商工会議所新年会

 昨日は、村山市長による講演会に引き続き会員による懇親会。私は去年までは来賓席だったが、もちろんもう来賓ではないから一般の席に座らせていただいた。
 
 
 近くの席に座られた方々といろいろお話させていただいたが、これだけ政治と金の問題が、同志の西田昌司先生が追及されていたが、出てきても「まだ民主党のほうがましだし期待している…」と言うご意見もあった。
 
 自民党も過去の醜聞や政策的な誤りをきっちり認めて「ここをこう反省しました・・・その上でこう改善して行きたい」と訴えないと言葉で再生と言っても難しいと私も思う。
 
 一方、小沢さんの政治と金の問題は、裏金や政党助成金の流用などが有るのか無いのか公正に調べて明らかにしてもらいたい。
鳩山さんも5月までに普天間基地移設問題を解決と言うがそれまでに行き詰まるだろう。
結局、皆にいい顔をしようとする人は最後まで決断出来ない人だ。
 
 それとどこに行っても「厳しい時代だが一致団結して頑張ろう・・・」と言う趣旨のお話が出る。
私は頑張るためには「頑張る元になる仕事が必要だ」と思う。
予算を削って頑張れ頑張れと言われても頑張りようがない。
 民主党のバラマキ政策は先に述べたように来年度の予算編成で行き詰まる。
その前に今年度予算が執行されれば地方の景気はもう一段深い落ち込みにはまるだろう。
 
 前原大臣が予算委員会で、赤字を築いたのは「前政権」といきり立っていたが、それなら今度は天下を取った「現政権」で財政再建を最優先する予算編成をしたのか?「前政権」を上回る財政赤字拡大のバラマキ予算を組んでいるのだから説得力がない。
 
カテゴリー: 未分類 パーマリンク