外交経済連携本部・TPP対策委員会

DSC_4538

TPPにおける国益を守り抜く会合同会議に出席しました。
森山TPP対策委員長から、TPPを成就させることが目的ではない、国益を守り抜くことが目的である。
江藤拓国益を守り抜く会会長から、アメリカは焦っているとも聞く。より有利な条件を引き出すべき。
甘利経済再生担当大臣から、TPAは必須条件だった。アメリカもまとめたいならそれなりの覚悟をもってもらいたい。7月いっぱいに閣僚級会議。各国にはセンシティビティーがあると言ってきた。12ヶ国が作るルールがこれからの国際スタンダードになって行く。ルールメーカーとして交渉に参加するとの話が有りました。
農業重要五品目を守るとした国会決議、国民皆保険を守るという基本事項が遵守されるよう努めて参ります。

カテゴリー: 未分類 パーマリンク