障害児者問題調査会

発達障害について有識者ヒヤリング。福島大学内山登紀夫先生から、リスクアセスメントツールの紹介、障害特性に基づく対応の必要性について。
鹿児島大学の肥後祥治先生から発達障害者の健やかな成人期の構築に向けて、知的能力が高ければ他の領域をカバー出来るものではない。例えば、横に書かれた文字は読めるが縦書きの文字が読めない。一見して障害者に見えないので周囲が支援の必要性を理解する事の重要性等のお話しをお聞きしました。

カテゴリー: 未分類 パーマリンク