日本の平和を守るのは

img-717100610-0001

img-717100206-0001

憲法九条があれば裸になっても平和が守られるのでしょうか?
日本の周辺には日本の意思にかかわらず、自国の都合で日本に向けて弾道ミサイルを発射する国があります。
(例えばですが、横田めぐみさんをはじめとする拉致被害者の方々は、何か落ち度があったから拉致されたわけではありません。こちらが無防備でいれば襲われないという保証はどこにもありません。)

先日、日本のミサイル防衛の最前線に立つイージス艦みょうこうの乗組員の皆さんとお会いしました。いつ飛んでくるか分からないミサイルを絶対に撃ち漏らすことは出来ないという強い使命感を感じました。

日本の防衛体制はこの図のようになっており、日本のイージス艦でカバーしきれないところで、米国の艦船も日本を守るために命がけの任務にあたっています。

日本を守るために最前線に立つ米国艦船が攻撃を受けた時、日本は見捨てるべきでしょうか?
仮に民主党政権の時にこのような事態が発生したら、中国漁船による衝突事案どころではありません。どう対処するのでしょうか。

(写真は、海上自衛隊のパンフレットから転載しました。)

カテゴリー: ニュースと政治 パーマリンク