TPP要望

本日午前中、JAの皆さんが上越事務所に要望に来られました。
飼料米への転換を進めながら米国産主食米の新たな枠を認める矛盾。農家がなくなるとは地方がなくなるということ。国会決議の中には十年をかけた段階的な関税の引き下げも認めていないことを忘れてはなりません。

カテゴリー: 未分類 パーマリンク