忘れるな拉致11.15

本日、加藤大臣に随行して新潟市のりゅーとぴあで開かれた県民集会に出席しました。政府拉致問題対策本部が出来てから、新潟県選出で初めての担当副大臣を拝命致し、ご挨拶致しました。 ご家族の訴えを聞いていて、時間が迫っていると痛感しました。
横田めぐみさんの弟の哲也さんが、「こんなに時間がかかるのは、中国にも韓国にも北朝鮮にも日本がなめられているから。憲法改正して自衛隊法も改正しなければならない。会場に来ている総連の関係者は本国に良く伝えるように。」という所で大きな拍手が起きました。 対話の糸は途切れないように、しかし安易な妥協はあり得ない。加藤大臣をお支えして不退転の決意で臨みます。

カテゴリー: 未分類 パーマリンク