社会保障ワーキンググループ他

IMG_20151116_173544 IMG_20151116_174957 1447663455211

昨日は、新潟市内で開かれた拉致問題の県民集会に出席した後、上京して津南修友会有志の国会見学旅行会懇親会に参加して親睦を深めました。
今朝は内閣府副大臣室で皆さんと記念撮影。
お昼に浜田靖一先生を励ます会に出席するためアルカディア市谷へ。
午後には上越タイムス旅行会のご一行が国会見学に来られたので記念撮影しました。
午後2時から2時間、経済財政一体改革専門調査会社会保障ワーキンググループに出席し所感を述べました。

持続可能な社会保障制度の為には、改革の工程表やKPIの策定が重要。

医療費効率化の為には、後発医薬品の利用促進も大切だが、一方で安倍政権は、経済成長、経済の好循環を作ることを重視しており、製薬産業を成長の柱の一つとしている。
日本再興戦略2015にクリニカルイノベーションネットワークの構築が書き込まれている。
新薬の開発には3万分の1と言う確率と2~3000億の費用が掛かるのに対して、ジェネリックは公開された情報を基に100%の確率で費用も新薬の千分の1で出来る。
ジェネリックの推進が、新薬を開発しようとする人のモチベーションを下げないように、薬価制度の中でイノベーションの取り組みを評価すべき。

給付と負担の検討については(入院時の光熱費の負担や、受診時の定額負担、後期高齢者の窓口負担の見直しなど)、患者の負担増に直結する話なので「なるほど」と国民の理解が得られるような成案を得る必要があると述べました。

直前まで党の厚生労働部会長、衆議院厚生労働委員会の理事を務め激しい国会論戦の現場にいた感覚から、机上で線を引くような訳には行かないし丁寧な議論が必要だと思います。

カテゴリー: 未分類 パーマリンク