終戦記念日

伝統と創造の会 H28年8月15日終戦記念日 靖國参拝① DSC_2836

毎年恒例ですが、まず午前10時半に「伝統と創造の会」、稲田朋美会長の代理として記帳、同志とともに昇殿参拝しました。
続いて11時から「みんなで靖国神社に参拝する国会議員の会」、会員として改めて参拝。
12時から「全国戦没者追悼式」に参列。
稲田会長からは自分の代わりに「これを胸のポケットに入れて行って」と一枚の写真を託されました。さぞ無念であったと思います。
「末ついに海となるべき山水も しばし木の葉の下くぐるなり」とは田中角栄先生が好まれた言葉ですが、私から姉貴に送りたいと思います。
高田忠霊塔の前にある忠魂碑に記されたとおり、「大東亜戦争に敗れて以来、わが国民は戦争を憎む余り国難に殉じた人々の霊を弔うことを怠る風潮がある」ことを残念に思います。先祖の慰霊と恒久平和を祈ってきました。

カテゴリー: ニュースと政治 パーマリンク