高鳥会

DSC_5754.jpg

2月16日木曜日、毎年恒例の高鳥会が開かれ今年88歳になる父も元気で参加しました。この会はもともと父が大蔵政務次官を拝命したことをきっかけに花の東大28年卒業の大蔵省幹部が中心になって始めたようです。(たしか昭和25年入学は旧制と新制の選択が出来て父は3年で卒業できる旧制を選んだと聞いています。) 歴代の事務次官経験者も出席する会でしたが、さすがに父より年上の方は参加が難しくなり、次々回で一応の区切りとなることになりました。 この日は糸魚川市の酒を各種用意して堪能して頂きました。

カテゴリー: ニュースと政治 パーマリンク