介護の現場視察他


昨日は、午前中介護の現場を視察。4月から介護職の処遇改善が図られますが公平な処遇改善につながるよう留意が必要です。
地方では人手不足のために使われないベッド、閉園する施設が出てきている。
介護度4,5について加算が大きいために3の人の行き場がない問題、また待機者の数が以前に比べて激減している状況。
地方ではもう特養を作るべきでないというご意見を頂きました。
また介護スーツ(ロボット)が現場ではまだまだ実用レベルではないというご意見もお聞きしました。
以前、十日町市の施設長さんたちとの懇談会でもそうでしたが、やはり「介護の現場に外国人を増やすことには否定的」なご意見でした。

午後から自民党板倉支部総会。

夕方、上越市民謡協会新年会(一曲歌いました)。

夜は、まつお徹郎糸魚川市議の議会報告会でご挨拶致しました。

カテゴリー: ニュースと政治 パーマリンク