消防議員連盟総会他

DSC_6279
昨日は本会議、厚生労働委員会理事懇談会、夜は棚橋泰文先生を励ます会に出席。

 今日は、午後消防議員連盟の総会に出席して糸魚川市駅北大火に関連して発言。
閉会後、消防団OBでもある原田総務副大臣と記念撮影しました。

(私の発言要旨)

 火災警報器について

住宅には義務化されているが、飲食店には設置の義務がない。初期段階で発見できればこのような大火になることを防げた可能性もあり、飲食店にも住宅同様(簡易であっても)警報器を義務付けることを検討すべき。

消防車両について

スーパーポンパーを100キロ圏内を目安に配備すべき。

消防団の装備について

ゴーグルや耐熱性のある防火衣の充実を図るべき。

消防団協力事業所への支援

消防団活動に協力している事業所の表示、優遇措置の拡充を。

消防団員を雇用する事業所への支援

出動にあたり社員として有給休暇をとっているが、零細事業所にとっては人手を取られて実質的な損害になるので助成を。

応援体制の整備

隣接自治体、隣接県の協定はあるがその中間規模の応援協定がないので国からも指導応援を。
また生コン車が今回大変活躍したが、平素から生コン組合等とも災害時の協定を結んでおくように同様の指導をしてはどうか。 

以上です。

 

カテゴリー: ニュースと政治 パーマリンク