火災予防について

20170413112549-0001

火災予防について

過日、私が消防議員連盟で「飲食店の火災警報器設置」について発言した件で動きがありましたのでお知らせします。

まず、糸魚川市においてモデル事業として「小規模飲食店を含む両隣」に共通の火災警報器(ワイヤレス方式)を設置することで検討が進んでいます。
現在、300平米未満の飲食店には火災警報器設置義務がありません。 今回の糸魚川のようなケースでは、ラーメン店の店主が不在でも「両隣の警報器が発報する」ので、隣家に人がいればいち早く気づいてもらい大火になることを防げる可能性があります。

消防庁では、住宅密集地を抱える自治体を中心に手上げ方式で全国10地区ほどでやってみる方針とのことです。

なお、糸魚川市が要望していた消防力強化について、「耐震性貯水槽」と「災害対応特殊消防ポンプ自動車」に関する補助金は満額交付の方向で検討が進んでいます。

カテゴリー: ニュースと政治 パーマリンク