精神保健福祉法の一部改正について質疑

thumbnail_P6092044[1]
本日は、党本部の会議に続いて午前9時から衆議院厚生労働委員会。
私は普段理事(役員)として自民党議員から希望を聞いて法案に対する質疑者の調整をしています。今日は久々に自ら質疑に立ち一般質疑の中で「精神保健福祉法の一部改正」について質しました。 約20分の映像なので衆議院インターネットテレビの録画でご覧ください。

映像の最後に答弁に立った「橋本岳厚生労働副大臣」の答弁が思わぬ展開に。 同僚議員らも思わずもらい泣きしそうになったとのことです。

要旨

改正の趣旨について

優生思想と障害者の抹殺について

全国手をつなぐ育成会連合会に寄せられた声

「監視」ではなく「支援」であるということ

代表者会議で警察に個人情報を提供することはない

グレーゾーン事例に警察と地方公共団体、医療が連携して対応することは今回の法改正の規定するものではない

インクルーシブ教育について

障害があっても人格と生命を尊重される社会を作る

カテゴリー: ニュースと政治 パーマリンク