第3次安倍第2次改造内閣入閣祝賀会(早稲田大学)

DSC_7570
昨日は朝上京して、農業農村整備の集いに出席。 夜は、早稲田大学と自民党稲門会による「第3次安倍第2次改造内閣入閣祝賀会」に出席しました。

現在早稲田大学の出身者は、山本有二農林水産大臣、岸田文雄外務大臣、世耕弘成経済産業大臣、吉野正芳復興大臣、松野博一文部科学大臣、稲田朋美防衛大臣の6名で、総理大臣を含む20名の閣僚の約3分の1を占める一大勢力です。
(6名の大臣が早稲田出身というのは海部内閣以来とのこと。)
会では2020年のオリンピック出場が期待される早稲田大学の選手が紹介され皆で激励しました。

応援部のリードで「紺碧の空」と「都の西北」を歌ったのですが、私の記憶ではどちらも初めて「一番で打ち切り」で、これだけはいかがなものかと思いました。 やはり「校歌」も「党歌」も最後まできちんと歌うべきだと私は思います。

カテゴリー: ニュースと政治 パーマリンク