長島忠美衆議院議員のご逝去を悼んで

長島忠美衆議院議員のご逝去を悼んで

 
昨夜突然ご逝去されたとの知らせを受けて本日午前中、山古志のご自宅へ弔問に伺いました。
初めてお会いしたのは平成16(2004)年、中越地震の対策会議で自民党災害対策特別委員会のメンバーが視察に来られた際に(当時、落選中ではあるが)私も同席させて頂き、小千谷市役所であったと思います。 その際に、落ち着いた口調ではあるが堂々と現状を説明し救済を訴えるお姿が印象的で廊下で握手をした記憶があります。

その後、衆議院選挙に立候補され平成17年初当選。私も当選同期で県選出国会議員としては一番長く接して来たのではと思います。
農水政務官や復興副大臣、自民党新潟県連会長等を歴任され、物静かな印象の中にも存在感のある方でした。
先日、北島元副知事の訃報をお知らせしたところ、「まだまだ若いのに残念です」という返事があったばかり。突然の訃報が本当に残念でなりません。
心からご冥福をお祈り致します。

カテゴリー: ニュースと政治 パーマリンク