利雪型低温倉庫・精米施設竣工式

今日午前中、爽やかな秋晴れの下、十日町市川西上野で開かれた「利雪型低温倉庫・精米施設の竣工式」に出席して祝辞を述べました。

JA十日町の田口前会長からの強い要望を受けて、「何としても農家の皆さんのお役に立ちたい」と私も全力で取り組みました。尾身県議からも県からいい順番で国へ要望が上がるようご尽力いただきました。

米の産地間競争が激化する中で、「魚沼産コシヒカリ」というだけでは厳しい現状ですが、「雪を利用して低温貯蔵」することで年間を通じ食味を上げて差別化しようとする試みです。

事業費約12億円の内、国の「産地パワーアップ事業交付金を約5億円獲得」して実現した事業です。 施設の中は、約700トンの雪を利用したラック式倉庫でコンピューターや最新の機器によって管理されており、「素晴らしい」の一言でした。
益々、美味しいお米を全国にお届けできることを期待しています。

カテゴリー: ニュースと政治 パーマリンク