衆議院解散

DSC_9086DSC_9089
自民党十日町市議の会の皆さんが、本日衆議院本会議傍聴後、議員会館へ激励に来てくださいました。
お預かりした要望が実現できるよう全力で取り組んでまいります。

(解散にあたってのコメント)
本日、衆議院が解散されました。 衆議院は政権選択選挙であり、北朝鮮が暴走する中で誰に日本丸のかじ取りを託すかを決めて頂く選挙です。

トランプ大統領、プーチン大統領、習近平主席などと互角に渡り合え、北朝鮮の危機に対応できるのは安倍晋三総理しかありえません。

民進党と希望の党の合流は、まさに選挙に勝つためだけの自分本位の「手段」であり、政権を取ってどうするのか全く分かりません。 また、希望の党の中核は、都民ファーストの会であり東京中心、地方置き去りの構図となることが危惧されます。

私は、国民の生命財産を守るために国家がなすべき最優先の課題に安倍総理とともにしっかり取り組みます。
また専門分野である医療・介護や年金・労働問題等に真摯に取り組んでまいります。

特に、消費税の使い道を変更して「子育て支援の拡充に充てる」ことは、私が直接担当する課題です。

糸魚川市駅北大火における迅速な対応に見られるように、総理との信頼関係を基にした「政権直結の実現力」を最大限に生かして引き続き、地元のお役に立てるよう頑張ります。

 

カテゴリー: ニュースと政治 パーマリンク