昨日の大雪のまとめ・・・


昨日の大雪のまとめ

(Facebookとダブるところがありますが・・・)

一昨日上越市(高田)は一晩で約50センチは降ったと思います。その後、日中帰ってくるまでにさらに40センチくらい降りましたので1m弱位家の周りには雪が降りました。

Facebookには逐次アップしたのですが、写真は昨日朝起きた時の玄関前にある除雪機の様子。すっかり雪に埋もれています。さらにその除雪機が奮戦するところ。

その後、大変お世話になっているターミナルホテル、田中正人様のご母堂様のご葬儀に参列。

帰ってくるとまた除雪車が固くて重い雪を家の出入り口に置いて行ったので車が入れずまた除雪。

 

午後から能生商工会の新年会で久々にバンド演奏をすることになっていましたが、とてもリハーサルの時間に間に合わず。

高速が通行止めになったとのことで8号線を能生に向かいました。 途中、高速から降りてきた車で渋滞していましたが「立往生」している車も何台も見かけました。写真は、能生小泊。普段は風が強くあまりつもらない海岸線の名立も1メートルくらい積もっていました。

商工会新年会終了後がもっと大変で、5時半頃に能生を出て上越(東)に向かうと20分ほど走った百川で渋滞に巻き込まれ車が全く動かなくなりました。

これはダメだと引き返すことにして「能生インターを目指し」、地の利があるのでなるべく裏道を行きましたがインターの手前で「ノーマルタイヤのトラックが高速へ上がる坂を登れずに立ち往生している」という話。おそらく救助に1時間半はかかるとのこと。

ちょうど丁字路のところだったので再び8号線(北)へ向かいました。

父は、「やわやわ行けばいいわ・・・」と呑気なことを言っていましたが、能生駅から8号線に出るとすでに上越方面は大渋滞の様子が見えたので、そこで「糸魚川インターを目指すことに決断」し上越市とは逆の西へ向かいました。その後、除雪に関わっている従兄から「能生から直江津まで除雪作業で全面通行止めになった」と情報が入りました。

道はところどころ悪かったけれど中央通り線に入ると車もなく順調に糸魚川インターから高速へ入ることが出来ました。

高速には雪は有りましたがすいており通常よりは時間がかかったものの、結局能生から高田の自宅まで約3時間半で帰ることが出来ました。

 

Facebookを通じて寄せられた友人たちの話では、帰宅したのが午前1時、2時の人もいて中には糸魚川から上越まで12時間くらいかかったという方も。

皆様、大変お疲れ様でした。

 

なお、渋滞なら低速でも車は動きますが昨日の状況は「全く動かない」。 動かないのは、混んでいるからではなく「止めている車」があるからです。

冬期に雪国を通過するのにノーマルタイヤは非常に危険です。動けなくなってからチェーンを付けるとなると道をふさぐので危険なだけでなく多くの人に大迷惑です。救急車も現場に駆け付けられないという話もありました。

考え直して頂きたいと思います。

 

カテゴリー: ニュースと政治 パーマリンク