健康増進法の一部改正案 採決

thumbnail_P6153485[1]

6月15日金曜日 望まない受動喫煙を防止する為の「健康増進法の一部改正案」について。

午前中、厚生労働委員会で5名の参考人にご意見をお述べ頂き合計約3時間の質疑。

午後1時から石井国土交通大臣(IRの関係)の不信任案を本会議で否決。

本会議散会後、委員会を再開し野党のみ2時間の質疑の後、終局、採決しました。

一部報道を読むと、参考人から反対の意見しか出なかったような印象を受けました。
しかし、複数の参考人から、1日も早く第一歩を踏み出してもらいたい。まずはこの法案を早急に成立させるべき。 早く成立させ多少なりとも前進して欲しい。
一歩を1日も早く、二歩三歩を進める・・・等の趣旨の発言が有りました。

ご意見を踏まえて、採決は委員長の判断で行いました。
意外だったのは、より厳しい対案を出していた国民民主党が採決において「賛成」されたこと。

逆に日本維新の会が(手ぬるいということで?)「反対」されたこと。

なお、本案について見直しの内容を盛り込んだ付帯決議が、「起立総員」で可決されたことが与野党を越えた委員の気持ちを表していると思いました。

カテゴリー: ニュースと政治 パーマリンク