名立手をつなぐ育成会


6月17日日曜日

名立手をつなぐ育成会30周年記念のつどい。

午前中、ジュンと二人で参加して久々に市の児童発達支援専門員、中屋万里子さんのお話を聞きました。

私も障害者自立支援法の改正、障害者雇用促進法の改正、障害者差別解消法、成年後見制度の見直し、最近では旧優生保護法による手術の問題、あるいは精神保健福祉法の改正など一貫して障害福祉に関わって参りました。

国の制度を議論する立場ですが、もっと皆さんの身近で支援に当たっている方のお話をお聞きするのは有意義でした。

私も入会しておそらく16年になりますが、「仲間がいる」こと、「どこかにつながっている」ことが障害児と家族が孤立しないために必要なことだと思います。

(写真は、写真マンのジュンが撮ってくれました。)

カテゴリー: ニュースと政治 パーマリンク