G20新潟農業大臣会合に出席して

20190515175310-0001.jpg
感想を簡潔にまとめておきます。

 テーマは、農業・食品分野の持続可能性に向けて。
人口増大(飢餓の問題)、気候変動、越境性動植物疾病など「国」を超えて対応しなければならない課題について率直に意見交換。
食品ロスの低減やAI等を活用して農業の生産性を上げていくことで一致。

 「どうして農業者は金持ちになれないのか?」
「食料に価値があることを認めないと農業者がいなくなる」

農家の所得向上や後継者不足、国によっては需要を上回る生産によって米価が下がるという問題がある等、共通の課題があることも再認識しました。
また「顔を合わせて」意見交換することの重要性も。

 一方、東日本大震災の被災地の食品をはじめ地元新潟の食材と日本の文化に触れて頂く機会を用意し、閣僚からは「多数の感謝の言葉」を頂きました。

 準備、設営、警備等にあたった新潟県、新潟市、農水省のスタッフなどご協力を頂いた全ての皆様にそのことは是非お伝えしたいと思います。

(切手はG20新潟農業大臣会合の記念切手です。切手はまだ購入できるかも知れません。良い記念となる切手を有難うございます!!)

 

カテゴリー: ニュースと政治 パーマリンク