紹介と連絡先

衆議院議員高鳥修一(たかとりしゅういち)のブログです。日常活動や日々思ったことなどを、なるべく日にちを開けないようにアップしていきますので宜しくお願い致します。

H28.11.10追記

平成27年10月9日、内閣府副大臣拝命(一億総活躍、共生社会、こども・子育て支援、拉致問題、国土強靭化、経済財政政策、経済再生、社会保障・税一体改革、TPPに関する総合調整等担当。)
平成28年8月5日、退任。

H27.2.5追記

平成24年12月の選挙で相手候補を大差で破り2期目の当選。平成25年9月、厚生労働大臣政務官に就任。平成26年9月、自民党厚生労働部会長に就任。

平成26年12月の選挙で再び相手候補を大差で破り3期目の当選。

趣味は、ギターの引き語り、ラーメン食べ歩きなどとアウトドアスポーツ。

空手道錬士5段(平成14年取得)。

現在、日本空手協会新潟県本部会長、新潟県相撲連盟会長(平成26年より)、上越武道連盟最高顧問、上越市空手道連盟会長、上越市相撲連盟顧問、能生中・海洋高校相撲後援会会長。上越市太極拳連盟会員。上越文化協会会員。新潟県麺類業生活衛生同業組合顧問。隊友会特別会員、自衛隊協力会会員、上越市消防第一分団員(平成22年上級救命講習終了)、上越市手をつなぐ育成会会員、高田特別支援学校後援会顧問。

略歴

昭和35年生まれ、新潟県立高田高校を経て早稲田大学法学部卒業。東京で会社員を8年経験後、渡米してカリフォルニア大学で空手を指導。帰国して衆議院議員秘書を経験したのち、平成15年衆議院選初挑戦(次点)、平成17年再挑戦で当選(44才)。厚生労働委員、災害対策特別委員等を務める。平成21年の総選挙で惜敗率72%で次点。平成22年1月、自民党新潟県第六選挙区支部長に再任。

以上です。

 

紹介と連絡先 への3件のフィードバック

  1. 自民党が悪いのは、党首が悪いから。。これ以上も以下もない。。河野太郎しか総裁になれる人はいない

  2. まあ より:

    自民党の悪い部分を党首に押し付けるのは簡単でわかりやすいが、本当にそうなのだろうか。
    自民党の良い部分は、普通に暮らしている国民のための政治を行おうとする国益派、つまり本当の保守派。
    自民党の悪い部分は、アメリカを中心としたグローバル資本の利益のための政治を行おうとする親米保守派。
    単純にカテゴライズできないとは思いますが、いろんな考えのグループがり、その中に普通の国民の利益より他の利益を優先するグループがあることだと思います。
    数の優位性を出すために、いろんな考えの人が集まるのは、しょうがない部分ではあると思います。
    本当の問題点は、国益派が自民党の主流になれない部分、国益派の政策が取り上げられない部分、反国益派を説得できない部分ではないでしょうか。
    最近の憲法改正草案、現在進めている国土強靭化基本法案などは非常に評価できる良い方向だと思います。

  3. Makoto Takatsu より:

    ブルーチーズは何がいけないのでしょうか?? 美味しい物を美味しいと言ったら突き上げを食らうなんて・・・ 酪農を保護する目的で外国の美味しいチーズを貶めるなんて人間じゃありません。  更に美味しいチーズにすることが酪農を発展させるのではないでしょうか。

コメントを残す

コメントを投稿するには、以下のいずれかでログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中